こんにちは。

カフェ畑を企画しているともすけです。

軽度の発達障害者の就労支援につなげていけるような活動を企画したい

という想いのもとこのカフェ畑をスタートさせました。


もしかしたら、このサイトをご覧になったかたのなかには

発達障害のことを知らないという方もいらっしゃるかもしれません。

発達障害の特徴的な症状をひとつあげますと

社会的コミュニケーションに難があることです。


そうすると、なかなか上司や同僚の矛盾した行動に

うまく適度な対応を取るのが難しかったりします。

つまり、社会でお金を稼いでいくことに

かなり苦労する障害でもあります。


発達障害=障害者手帳を持っているわけではなく、

当事者の人は障害者としてではなく、

健常者として働いている場合も多いです。


パステルゾーン・グレーゾーンといわれる

発達障害の特徴を強く持ちつつ、

診断されるほどではないとされるひとたち。

そんな方たちもいます。


わたしもその一人ですが、

我々のような障害を抱える人間は、

一般就労ではなかなか続かず

転職が多いといった特徴があります。


発達障害の難しいところは、

軽度であるからといって、

社会的な生活が楽になるとは限らないところにあります。


軽度発達障害のひとたちは知的には問題がないので、

複雑な知的作業も可能ですが、それゆえに

それに伴って当然に求められるコミュニケーション力が伴わない場合

周囲の強い叱責と失望を引き起こします。

会社のなかで、発達障害特有の能力のアンバランスさは

なかなか理解されることではありません。


現在の一般的な就労のあり方では

わたしたちの能力を社会に還元するのが

なかなか難しい就労システムであるともいえます。


福祉就労の形が望ましいとまではいかず、

福祉の狭間にあるような状態にあるのが

軽度発達障害者である私たちの就労の現状です。


カフェ畑を起点にして、

就労の新しいあり方を発信できたらと思って

活動をしています。